ごあいさつ
いままで―――これから―――

子供の頃からとっても臆病で小心な私が今、小さいながらも経営者になっている。
決して頭も良くなく、物事の判断も曖昧だった私がである。
一つだけいえるとすれば、ただ頑張ったということだけ。
小さな町「根室」から札幌に出店し尚、まだ店舗展開しようとしている。
"あ~人間って変われるんだ"と最近ではつくづく思っています。
だけど・・・・
私の最も尊敬する稲盛和夫(京セラ・KDDI創業者)さんから人生方程式を教わった
「人生の結果・仕事の結果 = 考え方 × 熱意 × 能力」
能力が無くても、頭がそれほど良くなくても、頑張る熱意があれば・・・・
そして、人として正しい考え方をすれば結果はなんとかなる。
しかし・・・・人として正しい考え方をすればいいのに
しょっちゅう自分の都合のいいように解釈してしまう。
解っているのになかなか出来ない。
また反省・・・・の連続!
だからこの程度。

 

回転寿司は楽しい

だってお客さんが “おいしい!”って嬉しそうに言ってくれるから。
“花まるに来ると元気がでる” って言ってくれるから。

回転寿司は怖い

山ほどある飲食店、山ほどある回転寿司、なのに花まるに来て貰える。
“ありがたいなぁ~” って思う。それでもお客さんを怒らせてしまうことがある。
“どうもすいません” と心から思う。そして故郷根室にも申し訳ないと心の中でつぶやく。根室という看板を掲げ、根室の魚を扱いながら“面汚し”と言われたくない。
決して上手ではないし言葉巧みでもない。
「ひたすら一生懸命」ということだけで “ここが一番美味しいね” って言われたい。

 

代表経歴
清水鉄志
生年月日 昭和27年12月4日
出身地 根室市
出身校 根室高校
尊敬する人 稲盛和夫(京セラ・KDDI創業者)

 

清水History
根室市、ノサップ岬の近辺で漁師の息子として生まれる
小学校3年生、体育の授業で「先生おしっこ!」と言えずもらす
中学1年生、母親に「兄弟でアンタが一番頭が悪い」と言われて納得する
中学3年生、父親に「父さん、落語家になる」と言ったら「バカ!」一言で終わる
高校2年生、突然赤面恐怖症になり、校門の入口で勝手に赤くなることが日課になる
高校3年生、父親に「父さん、やっぱり落語家になる」と言ったら「バカ!」また一言で終わる
19歳、札幌の専門学校へ行き、仕送りを貯めて東京の正生学院に赤面恐怖症を治しに行く
20歳、落語家になるため、父親をだまして、とりあえず東京に就職する
20歳、落語家の門をたたくが、体よく断られ、すぐ諦める
20歳、浅草の喜劇劇団に飛び込み、給料1日150円もらう
23歳、つらくて劇団から逃げる
25歳、淋しく根室へ戻る
26歳、スナックのマスターになる
42歳、回転寿司「花まる」開業する
45歳、「稲盛和夫」を知る。人生が変わる。
65歳、まだまだ元気にシンガポール店オープン!